ユングベリの経歴やwikiプロフィール!FC東京監督就任の噂!

ユングベリ
広告

元スウェーデン代表のフレドリック・ユングベリ選手。

過去には、Jリーグの清水エスパルスでプレーしたことも話題になりました。

そんなユングベリ選手にFC東京の監督就任の噂が!

wikiプロフィールや選手や監督としての経歴が気になりますね。

今回は、ユングベリ選手についてフォーカスしていきます。




ユングベリが『FC東京』監督に就任?

2021年11月6日、

Jリーグ第35節・横浜マリノス戦で0-8と衝撃的な敗戦を喫したFC東京。

長谷川監督が辞任し、後任監督が誰かと話題になるなか

驚きのニュースが入ってきました。

FC東京の来季新監督候補にユングベリ氏が挙がっていることが分かった。アドバイザーとしてベンゲル氏の招へいにも動いており、同氏が新指揮官候補として推薦した。監督経験は乏しいが、Jリーグを熟知していることは大きな利点。

スポニチ

なんと、来季からの新監督候補として

元スウェーデン代表でアーセナルのレジェンド

フレドリック・ユングベリ選手が挙がっているようです。


アドバイザーとしてベンゲル氏の招聘を考えていたところ

ベンゲルがユングベリを推薦しているとのこと。


2011−2012シーズンに

清水エスパルスでもプレーしたユングベリ選手。

「監督経験が乏しい」とも報道されていますが

どのような経歴を歩んできたのでしょうか。

広告

ユングベリの経歴やwikiプロフィール!

ユングベリ
ユングベリのwikiプロフィール
国籍スウェーデン
生年月日1977年4月16日(44歳)
※2021年11月現在
出身地ヴィット
身長175cm

清水エスパルスでプレーした記憶も新しい

フレドリック・ユングベリ選手。


そんなユングベリ選手は、

IKEAや車のVOLVOで有名な北欧のスウェーデン出身です。


選手や監督としてキャリアを歩む

ユングベリ選手の経歴をみていきましょう。

ユングベリの選手時代


12歳の時に地元クラブの『ハルムスタッドBK』の下部組織に加入し、

17歳でトップチームデビューした神童でした。


そして、21歳でプレミアリーグのアーセナルに移籍。

2007年までアーセナルの右サイドハーフとしてレジェンド級の活躍をし、

無敗優勝した伝説のチームの一員になりました。

その後は、アメリカ・日本・インドと

数々のチームを渡り歩き2014年に惜しまれつつ選手を引退しました。

ユングベリの所属チーム
1994-1998ハルムスタッズBK
1998-2007アーセナルFC
2007-2008ウェストハム・ユナイテッドFC
2009-2010シアトル・サウンダーズFC
2010シカゴ・ファイアー
2011セルティックFC
2011-2012清水エスパルス
2014ムンバイ・シティFC
広告

ユングベリの監督歴

2014年に選手を引退後

ユングベリ選手は監督としてキャリアを歩みます。

2016-2017アーセナル U-15
2017ヴォルフスブルク (アシスタントコーチ)
2018-2019アーセナル U-23
2019-2020アーセナル (アシスタントコーチ)
2019アーセナル (暫定)

自らの心のクラブである

アーセナルの下部組織の監督から始め

2019年には暫定監督としてアーセナルのトップチームを指揮するまでに。

その時のベンゲル監督の推薦だったようで

今回のFC東京の就任の噂の経緯と同じ流れですね。


監督としては、トップリーグで指揮した試合数も少なく

力量を測るにはまだまだこれから。


選手時代には、プレーだけでなく

奇抜な髪色やお洒落なファッションでも盛り上げたユングベリ選手。

ユングベリの髪型
画像出典:フットボールチャンネル


FC東京に就任することがあれば

アーセナル時代の経験をもとに、大きな変化をもたらしてくれるかもしれませんね。

広告

ユングベリのFC東京監督就任に対するネットの声

広告
広告
広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA