神田沙也加が罵声された音声データ(文春)の内容!前山剛久の言い放った言葉とは!

神田沙也加と前山剛久
スポンサーリンク

昨年12月の舞台公演中に他界された神田沙也加さん。

共演者で彼氏の前山剛久さんが活動休止を発表しました。

活動休止の理由の一つに、週間文春が報じた罵声音声データがあると言われています。


神田沙也加さんが自殺する直前に、

前山剛久さんに罵声された音声の内容とはどのようなものなのでしょうか。

神田沙也加が前山剛久に罵声された音声内容(全文)

前山「引き払うって! なんで俺のこと信じないの、そうやって! おい!」

 二人のやり取りは、次のように続く。

沙也加「怒鳴らないで」

前山「死ねよ、もう。めんどくせぇな」

沙也加「『死ね』って言わないで」

前山「死ねよ」

沙也加「『死ね』って言わないで」

前山「(遮るように)死ねよ」

沙也加「(やや涙声で)何で言うの?」

前山「死ねよ、マジで」

「死ね」という言葉を4回繰り返す前山。沙也加はハッキリと涙声になって、こう問いかけた。

沙也加「死んだらどうなの?」

前山「ん? 別に」

沙也加「何とも思わないの?」

前山「うん」

沙也加「せいせいする?」

前山「うん。お前しつこいんだもん、だって」

 すすり泣きながら、沙也加はこう言葉を継いだ。

沙也加「『死ね』って言わないで。叩きなよ、じゃあ。『殺すぞ』とかさあ、『死ね』とか言うんだったら。言うこと聞かせればいいじゃん、それで」

前山「そんなことしないよ。殴ったらだって俺、悪くなるじゃん」

沙也加「そんなこと言ったって、『死ね』って言ったって、『殺すぞ』って言ったって、おんなじだよ」

前山「いいじゃん、もう死ねば。みんな喜ぶんじゃない?」

沙也加「私が死んだら?」

前山「うん」

沙也加「なんでそんなこと言えるの? みんなに嫌われてるってこと?」

前山「うん」

 しばらく沈黙が続き、沙也加は声を絞り出す。

沙也加「ねえ? (涙声で)ねえ、そんな酷いこと言わないでお願いだから」

 そして、音声データの最後に収められていたのは、

沙也加「『大好きだ』って、『こんなに合う人いない』って言ったから付いてきたんだよ……」

 将来を見据えたはずの恋人に縋(すが)りつく言葉だった。

(引用:文春オンライン)

死ね!という言葉を複数回に渡って

神田沙也加さんに言い放った前山剛久さん。


神田沙也加さんが罵声された原因は、

元カノとのトラブルの後に関係修復のために借りた二人の部屋を

1週間で解約すると前山さんが言ってきたのがきっかけのようです。

神田沙也加が罵声されたきっかけ

神田「じゃあ、1カ月で引き払うってこと言ってんの?」

前山「うん」

神田「マイ・フェア(が終わる)までって、あと1カ月しかないのに?」

前山「うん」

神田「そんなことしないでしょ」

前山「1週間で引き払わせて、じゃあ」

神田「でも自分が決めてきたところ、1カ月で引き払わないでしょ」

 男性が契約を決めたマンションを1週間で引き払うと主張するのに対し、女性が「そんなことしないでしょ」と応じている場面だ。ところが、ここで男性の声のトーンがガラリと変わり、怒鳴り声になっていく。

前山「引き払うって! なんで俺のこと信じないの、そうやって! おい!」

 そこからは、男性が女性を罵倒する声が続くのだった――。

(引用:文春オンライン)

この前山さんの罵声内容が本当であれば

酷過ぎるとふたりのファンの間でも大きな話題をよんでいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA