尾藤朋美のwikiプロフィールや経歴!サハラマラソン準優勝のトレーナー!

bitohtomomi-wikiprofkeireki
スポンサーリンク

フィットネストレーナーの尾藤朋美(びとうともみ)さん。

トレーナーでありながら、ランナーとしても活躍しているパワフルな女性なんです。

さらに、2021年には“世界で最も過去なレース”と言われているサハラマラソンで準優勝という偉業を成し遂げました。

最強トレーナーの尾藤朋美さんが、どんな方か気になりますね。

今回は、尾藤朋美さんのwikiプロフィールや経歴を見ていきたいと思います。

尾藤朋美のwikiプロフィール!

尾藤朋美
尾藤朋美のプロフィール

生年月日:1990年12月11日

年齢:31歳(※2022年4月時点)

出身地:東京都渋谷区

身長:153㎝

学歴:帝京大学

2018年3月からプロトレーナーとして活動している尾藤朋美さん。

パーソナルトレーナーやオンラインサロン、

Youtubeでのトレーニング配信など幅広く活動をしています。


そんな尾藤さんは、トレーナーでありながら自身もボディメイクやマラソン大会など様々な大会に出場し

偉大な成績を残している最強女子なんです。


特にランニングを得意とし100㎞を越えるウルトラマラソンで優勝するなど大活躍。

しかし、意外にも学生時代に陸上経験は無いんだとか。

高校、大学時代にはチアリーディングをしていたそう。

しかも高校は「都立雪谷高等学校」大学は「帝京大学」と、

どちらもチアリーディング部の強豪校。

かなり本格的に競技に打ち込んでいたようで、現在もチアで培った体の柔らかさは顕在。

尾藤朋美

パーソナルトレーナー&マラソン歴はまだ3年の尾藤さんですが、

チアで培った体力と努力によりすぐに才能が開花したようですね!


気になるのが、大学卒業からトレーナーの仕事をする前は何をしていたのか。

ずっとスポーツ関係の仕事をしているのかと思いきや、

大学卒業後から4年間はなんと保育士をしていたのだとか。

元気なオーラが魅力的な尾藤さんですが、保育士の経験が生かされているよう。

小さい子どもたちの前でひたすらしゃべったり挨拶したり、分かりやすく伝えようとしてきたので、すごく声が大きいしボディランゲージが激しいんですよ(笑)

底抜けに明るい性格は、保育士時代に養われたものだったんですね!

保育士の仕事にもとてもやりがいを感じていたそうですが、

保育士からトレーナーに転職するきっかけになったのはダイエットだったそう。

保育士時代に、5㎏痩せた後6㎏太るというリバウンドを経験。

当時お菓子の箱食いが止まらなかったそうで、

「これは健康じゃない」と考え身体について勉強を始めたのだとか。


そこで、自分で発信できるようになりたいと考えトレーナーの資格を取得したようです。

今では様々な知識や経験を活かし、多くの肩書の持ち主に。

パーソナルトレーナー

ランニングコーチ

マラソントレーナー

ボディメイクアーティスト

まだトレーナー歴3年でありながらマルチに活動している尾藤さん。

メディアの仕事も増えてきて、

今後はテレビ出演なども増えるかもしれませんね!

尾藤朋美の経歴!

走れるトレーナーとして話題の尾藤朋美さん。

2018年にパーソナルトレーナーとして独立後、多くの実績を残しているんです!

尾藤朋美

そもそも、マラソンを始めた理由が気になりますよね。

きっかけは、元々ファンだったオリエンタルラジオの藤森慎吾さんが、

初めてのフルマラソンでサブ4(4時間切り)を達成したことに感化されて始めたんだとか。


そこで、藤森慎吾さんと同じ「初めてのフルマラソンでサブ4達成」を目標にマラソン大会にエントリー。

そこからマラソンを走るようになったそうです。


そして、初マラソンデビューは2018年3月18日の27歳のとき。

板橋CITYマラソンで3時間39分48秒の好タイムをたたき出し、見事サブ4を達成!


その後は数多くの大会で活躍するように。

2019年10月6日には富士五湖ウルトラマラソン118㎞に挑戦し優勝。

さらに、5㎞以上のコースに障害物が組み込まれている過酷なレース「スパルタン」でも優勝経験があるのだとか。

炎の障害物を飛び越える姿がかっこいいですよね!

尾藤さんは、ランナーとしてだけではなくフィットネス競技もすごいんです。

「NPCJ POWER HOUSE CLASSIC 2019」では、2部門で優勝。

「NPCJ POWER HOUSE CLASSIC 2019」の尾藤朋美

マラソンと見せる筋肉にはかなり違いがあり、

両立が難しいと言われた中での優勝でした。

ここまででも十分凄いんですが、

尾藤さんはさらに凄い偉業を成し遂げているんです!

サハラマラソンで準優勝したフィットネストレーナー!

フィットネスもマラソンも両立する尾藤朋美さん。

2021年10月に“世界で最も過酷なマラソン”と言われているサハラマラソンに挑戦しました!

サハラマラソンとは、サハラ砂漠を250㎞7日かけて行うレース。

本当に過酷な大会ですが2021年は特に厳しく、

52度にもなる高温で完走率は半分以下だったのだとか。

完走するだけでも凄い大会ですが、

尾藤さんは初出場にしてみごと準優勝に輝きました!

本当にすごいですよね!

しかも、準優勝は日本人初のようです。

レースの途中は足の爪と皮膚の間に膿が溜まったり、

嘔吐や下痢に苦しめられていましたが無事に完走。


さらに凄いのが、出場選手は1gでも荷物の軽量化を図る中、

ゴープロ(カメラ)を持って自撮りしながら走ったんです!

このときの貴重な記録は、尾藤さんのYoutubeチャンネル超人女子に載っています。

サハラマラソンで準優勝だけでも凄いですが、次の目標は優勝なんだとか。

過酷なレースを再挑戦するのも大変だと思いますが、

さらに優勝を目指すとはまさに超人女子ですね!

サハラで世界一になるって高すぎる目標かもしれない。でも、『優勝するぞ』って言ってできなくても誰かに怒られることはないじゃないですか。とにかくまずは口に出して、そこに向かって全力でいく。

優勝目指した挑戦を応援したいですね。

まとめ

今回は、尾藤朋美さんのプロフィールや経歴を調査してみました。

保育士からフィットネストレーナーへと転身した異色の経歴の持ち主。

しかも、トレーナーをしつつランナーとしても大活躍。

初出場のサハラマラソンで準優勝を成し遂げたすごい女性でした。

これからメディア露出も増えること間違いなしの尾藤朋美さん。

今後の活躍にも期待したいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA