【ふじみ野市立てこもり犯人】渡部宏の顔画像や自宅住所!犯行動機はなに?

渡部宏
スポンサーリンク

埼玉県ふじみ野市の民家で、家主が人質をとり立てこもった事件。

警察が民家に突入し、渡部宏容疑者が逮捕されました。

渡部宏容疑者の顔画像や自宅住所は判明しているのでしょうか。

今回はふじみ野市の立てこもり事件の犯人についてフォーカスしていきます。




【ふじみ野市】人質をとって立てこもり渡部宏が逮捕

2022年1月27日午後9時頃、

埼玉県ふじみ野市で驚きの立ってこもり事件が起きました。

犯人の渡部宏容疑者が

自宅に訪ねてきた複数の医療関係者に対して起こした残忍な事件。


41歳の男性理学療法士の胸を猟銃で撃ち

同行していた32歳の男性の顔面に催涙スプレーをかけ

44歳の男性医師を人質にとって立てこもりました。

一夜が明けた午前8時頃、

現場の民家に警察官が突入し渡部宏容疑者は身柄を確保されました。


東武東上線の『ふじみ野駅』から2キロほど離れた住宅街で

多くの住民が避難を誘導され恐怖を感じたはずです。


銃が違法の日本でこのような事件を起こした

渡部宏容疑者とはどのような人物なのでしょうか。


渡部宏容疑者の素性についても明らかになってきています。

顔写真や自宅住所についてみていきたいと思います。

渡部宏の顔画像と自宅住所!

渡部宏の顔画像

ニュース報道にて、警察に連行される際の

渡部宏容疑者(66歳)の姿が映し出されました。

▼渡部宏の顔画像がこちら!

渡部宏の顔画像

うな垂れているかのような俯いた様子で

連行される渡部宏容疑者。


見た目からはかなり年老いているように見えますが

年齢は66歳と報道されています。


職業は不明とのことですが

凶器となった猟銃を所持していたことを考えると

猟師だった可能性が高そうです。


催涙スプレーを所有しているのも

猟師として使用するものだったのかもしれませんが

職業としての道具がこのような犯行に使われてしまったのかもしれません。

渡部宏の自宅住所

事件の起きた渡部宏の自宅住所は

下記のように報道されています。

埼玉県ふじみ野市大井武蔵野


閑静な住宅街で起こってしまった立てこもり事件。

近隣の住民も驚きが隠せないようです。

犯行動機は母親の他界?

渡部宏容疑者は、なぜ自宅に訪問してくれた医療関係者に対し

このような事件を起こしたのでしょうか。

医師ら複数の医療関係者が同日、男の家族の弔問のために民家を訪問した際、男とトラブルになったとみられている。

渡部容疑者の母親が他界し、弔問で訪問していた被害者の医療従事者の方々と

何らかのトラブルになったのが原因のようです。

高齢の母親の死に対する悲しみが

このようなかたちで他人に対しての怒りに変わってしまったのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA