【東京大学】受験生を刺した17歳犯人(少年)の名前や動機は?【大学入学共通テスト】

東京大学試験会場
スポンサーリンク

2022年1月15日8時30分頃、

『大学入学共通テスト』の試験会場の東京大学弥生キャンパスで

またもや恐ろしい事件が起きました。

15日午前8時半すぎ、東京・文京区で70代の男性が「東大の中で刺された」と交番に訴え出ました。警察官が駆けつけると、この70代の男性のほかに、大学共通テストの受験生とみられる男子高校生と女子高校生のあわせて3人が刃物で切りつけられるなどしてケガをしていたということです。

日テレNEWS

なんと、17歳の少年が

70代の男性と男子高生と女子高生の計3人を刃物で刺したこと。


3名とも病院に運ばれましたが

幸いにも意識もあり命に別状はないようです。


しかし、男子高生と女子高生は大学入学共通テストの受験生で

今後の人生にも影響してしまう可能性もあります。


かたや、犯人の17歳の少年は、

未成年のため名前が公開されることはありません。


そして、犯行動機については

被害者の男子高生と女子高生との間にトラブルがあったことが分かっています。

追記

新たに犯行動機が判明しました。

犯人の少年は医者を目指していたが、昨年から成績が振るわなくなり

医者になれないのなら迷惑をかけて死のうとしたとのこと。

被害者の男子高生や女子高生とは何も関係がないようです。


また、愛知県の私立高校の生徒で

ご両親から家に帰ってこないと警察に行方不明の届け出が出ていました。


犯人の少年は、医者にならないといけないという周囲からのプレッシャー含め

このような残忍な犯行に至ってしまったのかもしれません。


昨年の11月にも

愛知県弥富市の中学校で、

学生の少年の刺殺事件があったばかり。


またもや恐ろしい事件が起きてしまったことに

人々の中でも様々な話題を呼んでいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA