MENU
CLOSE

ようこそ、60年代のロンドンへ!名優マイケル・ケインが青春のタイム・トリップにご招待

『ハンナとその姉妹』『サイダーハウス・ルール』で2度のアカデミー賞®を手にし、近年は『バットマン』シリーズなどで活躍する英国の大スター、マイケル・ケイン。そんな彼と華麗な青春のタイム・トリップを楽しめる画期的な作品が登場した。『マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!』は、彼を育てた60年代のロンドンの新鮮の輝きを体感できる貴重な映像コラージュ集となっている。製作総指揮も担当したケイン自身がナビゲイターとして登場し、絶妙なプレゼンテーションを展開。『アルフィー』や『ズール戦争』といった60年代の出演作やテレビのインタビュー番組をはじめとする若き日のケインの映像と撮りおろしによる現在の映像を交互に出すことで、その時代観がリアルに伝わる。

コックニー訛りで話す労働者階級の出身でありながら、新しい時代の追い風を受けることで自らの道を切り開き、成功の階段を登ったケイン。そんな彼を生んだユニークでオリジナルな時代に対する愛情あふれるナレーションを通じて、当時の生々しい感覚がよみがえってくる。

音楽、映画、ファッション、アート…… すべての新しい文化は“スウィンギング・シティ”から始まった

本作には60年代のカルチャー・アイコンともいうべき数多くの人々が登場する。元ビートルズのポール・マッカートニー、ローリング・ストーンズのミック・ジャガー、ザ・フーのロジャー・ドールトリーといった大物ミュージシャン、女優で歌手のマリアンヌ・フェイスフル、人気モデルのツィギー、カリスマ的なカメラマンのデイヴィッド・ベイリー、ミニスカートの発案者であるファッション・デザイナーのメアリー・クヮント。こうしたキーパーソンに取材し、現在の映像ではなく、若き日の姿に現在の声をかぶせるという大胆な手法をとることで、当時の表現者たちの生々しい創造の息吹きが伝わる。他にもジョン・レノン、デイヴィッド・ボウイ、ヴィダル・サスーン、デイヴィッド・ホックニー、ジョーン・コリンズ、サンディ・ショウ等、数多くの開拓者たちの貴重なアーカイヴ映像もたっぷり盛り込まれる。

マイケル・ケインは60年代を「英国史において初めて若い労働者階級が声をあげた時代」と考えているが、時代をリードした人々のコメントを通じて、音楽、映画、ファッション、アートと文化の新しい発信地だった「スウィンギング・シティ」=ロンドンのカラフルな魅力が伝わる。タイトルの「マイ・ジェネレーション」は、ザ・フーの大ヒット曲からとられているが、劇中では他にもビートルズ、ローリング・ストーンズ、アニマルズ、キンクス、クリーム等、幅広い選曲が行われ、その歌詞が時代の気分を伝える。

あれから半世紀、世界を変えたジェネレーションは今も不滅の影響力を持つ

1960年代後半は、ロンドンだけでなく、世界で同時多発的に若者文化が花開いた時代だった。それは、第二次大戦後のベビーブーム時代に生まれた世代、いわゆる団塊の世代(1947年〜49年生まれの世代)の存在が大きい。全人口の約半分を25歳以下が占めたこの時代、音楽・ファッションの分野で巨大なティーンエイジャー市場と大規模なユース・カルチャーが産まれ、さらにはそれが社会そのものを揺り動かし活性化させたのだ。彼らが与えた影響は、約半世紀が過ぎた現在にも及んでいる。ビートルズやローリング・ストーンズは現在も不滅の人気を誇り、世界中のミュージシャンたちに大きな影響を与えている。そして、ポール・マッカートニーやストーンズは、今も現役続行中。カメラマンのデイヴィッド・ベイリーも現役で活動し、日本でも写真展を開いたばかり。60年代のカリスマたちは21世紀に入ってもロングランナーとして不滅の影響力を誇っている。また、マイケル・ケインの主演作『国際諜報局』は現在の大ヒット・シリーズ『キングスマン』にも影響を及ぼしている。

彼らがいた60年代には光があふれていたが、ここでは時代の負の部分も描かれる。歌手のドノヴァンは初めて薬物で逮捕されたミュージシャンとなり、ストーンズのブライアン・ジョーンズは薬物中毒で他界した。“青春の光と影”が同時に描かれることで、作品にドラマティックな奥行きが生まれている。監督は過去にエミー賞候補になった作品も手がけたデイヴィッド・バッティで、今回の作品のために1600時間を超える映像素材を集め、ケインと共に6年がかりで作った。脚本と製作は英国のテレビ界で知られ、映画は『ザ・コミットメンツ』等の脚本を手がけているイアン・ラ・フレネとディック・クレメント。音楽監督は『ホーム・アローン』のターキン・ ゴッチが担当している。